スベシャルインタビュー|消防設備点検【新潟】

同業の大先輩

株式会社 三和産業 株式会社 さま

スペシャルインタビュー|新潟市東区の消防設備点検会社「三和産業 株式会社」さま

 

新潟市の消防点検業者(株)エフ・ピーアイのスペシャルインタビュー


 このページでは当社が創業以来、大変お世話になっている同業の大先輩「三和産業 株式会社」代表取締役 髙橋和之さまをご紹介させて頂きます。当社の先代社長時代にはお仕事を軌道に乗せる手助けをしてくださり、私も事ある毎に髙橋社長にご相談をさせて頂き、消防用品メーカーさまから直接仕入れを可能にする道も開いてくださった大恩人です。当社に親切にしてくださる理由と共に、新潟にはこのような素晴らしい方がおられる事も知って頂きたく、インタビュー記事を掲載させて頂きます。
 私が直接髙橋社長にお話をお伺いするのもアレですので、インタビュアーさんを交えた対談という形式にてお送りさせて頂きます。それではインタビュアーさんにバトンタッチします。宜しくお願いいたします。

 

まず三和産業さまの業務内容と、エフ・ピーアイさんとのご関係をお聞かせ下さい。

当社は総合防災という事で、消防設備のメンテナンスと工事、用品販売を手掛けさせて頂いております。主なお客様はコンビナート地区の事業所さんですとか危険物を扱われる事業所さんを対象にお仕事させて頂いております。創業は昭和41年でして、かれこれ50年続いております。
エフ・ピーアイさんとのお付き合いですが、藤崎さんのお父さんが創業される前から私の友人でしてね。私の方が少し年は上なのですが、お父さんが創業された時から色々と相談に乗らせて頂いてまして、現社長の藤崎さんのご相談にも乗らせて頂いていると。そういった関係ですね。

エフ・ピーアイの先代社長はどのようなご相談を?

商売始めたのはいいんだけど「仕事が無い」と。元々が技術屋さんでしたから無口でね。営業が得意でないんだよね。それで私が工事関係の元請けさんを紹介させて頂きました。後はご自身のご努力で継続しておられましたから、私は最初に紹介しただけなんですよ。最初の4〜5年は苦労しておられたようですが、そこからはもう隆盛ですよ。

隆盛だなんて、とんでもないです。
私が小学校4年の時に父が独立しまして、創業間もない頃の父は仕事がまだ少なかったようです。寡黙な父でしたので「商売が苦しい」とか子供には絶対に言いませんでしたが。私が中学校に入った頃から割と仕事が増えてきたようで、質素だった我が家の食卓が変わったのを覚えております。「三和産業の髙橋社長という方のご支援があって食べられるようになったんだよ」と聞かされてましたし、私が入社してからも「今の俺があるのは、あの時に髙橋社長が声を掛けて下さったおかげなんだ。大恩人なんだ。」と繰り返し聞かされておりました。

同業なのにご協力くださったのは何故ですか?

私は昭和41年にこの会社に入りまして、45年にひょんな事から私が1人で会社を引き継ぐ事になりまして大変苦労をした覚えがあるんです。なので苦労されてる同業の仲間を見過ごせないと言いますか、ねぇ。人間性が悪い人なら私だって協力なんてしませんが、お父さんは真面目な方でしたから。

エフ・ピーアイの現社長はどのようなご相談を?

会社の舵取りの事をよく相談に来られますね。社員さんの事とか、お客さんとの関係の相談ね。適切なアドバイスできてるかどうか分からんですけどね。

いやぁ、ホントいつも有難いです。
会社やってると色々な事がありまして、何か問題が起こる度に髙橋社長に相談させて頂いて。私は経験が浅いので判断に迷う時があるんですよね。髙橋社長は大ベテランでらっしゃるので頼らせて頂いていると。アドバイス通りに実践して、上手く行くというケースが多いです。

新潟市東区の消防設備点検会社さまとお仕事のお打合せ
藤崎と髙橋社長。いつも大変お世話になっております。
三和産業さまの点検現場。スケールの大きさに圧倒されます。
三和産業さまの点検現場。スケールの大きさに圧倒されます。
コンビナート用の消防設備点検、これも三和産業様のお仕事です。
コンビナート用の消防設備点検、これも三和産業様のお仕事です。

なぜ先代だけでなく現社長の面倒まで見て下さるのでしょう?

先代社長もそうなんだけど、お母さん(現エフ・ピーアイ会長)もご努力されてましてね。まさしく夫婦二人三脚で頑張って来られてたんですよ。お父さんの葬儀の時にお母さんから「どうか息子をよろしく頼みます」とお願いされましてね。私にはそんなチカラがあるわけではないですが、私が出来る範囲の事であればいくらでもご協力しますと。

本当に助けて頂いております。
父は寡黙で本当に人付き合いが下手だったのですが、僕は父とは正反対の性格なものでちょっと図々しくてですね。髙橋社長のところに来れば可愛がって頂けるんじゃないかと勝手に思って相談に参上しております。父の生涯の恩師ですし、目に見えない絆に甘えさせて頂いていると言いますか。はい。

髙橋社長には藤崎さんはどのように映っておられますか?

素直だし、行動力あるし、関心してますよ。初めてお会いしたのは10年くらい前だったと思うけど、「カラダおっきいな」と。野球やっておられたんだよね? 僕らの仕事はハードな面もありますので、身体が弱いと付いて行けないですのでね。頭の方はどうか知らんけどカラダ大きいから大丈夫だろうと(笑)そんな印象を持った記憶がありますよ。

髙橋社長は父亡き後、私にアドバイスを下さる唯一の存在ですし、メーカーさんの協力会にも入れて頂いてメーカーさんから直接仕入れる事ができるようになって商売の間口が広がりましたし、私にとっても大恩人です。ずっとお元気でいて頂きたいなと。

メーカーから直接仕入れるとは??

消防設備って誰でもメーカーから仕入れできるワケじゃないんですよ。必ず代理店を通さなければいけない。そうすると仕入れ価格が上がっちゃうから営業上の足かせになるんですよね。でも藤崎さんには頑張って欲しいし、人柄にも惚れたのもありましてね。本当は同業者が増えるのはマズイんだけれども、メーカーさんにお繋ぎさせて頂きました。

本当にありがとうございます。
おかげ様で仕入れ価格がガクンと落ちまして、とても商売がやり易くなりました。非常に助かっております。

最後になりますが、藤崎さんへメッセージをお願いします。

今、一生懸命にお客様を増やして行こうと頑張っておられる最中だと思うのだけど、むやみやたらに増やさない方が良いですよと。お客様が増えると誤報など緊急の対応も増える事になりますので、そういったフォローが出来る体制をシッカリ維持しながらジワリジワリとね。せっかく取引して頂いたお客様に愛想を尽かされてしまうのが1番の損失だからね。エネルギーが有り余っておられるようだから伸ばせると思いますし、応援させて頂いてますよ。1つだけ注意して欲しいのは物事って「角(カド)」があるとぶつかった時に痛いですので、もう少し丸くね(笑)若いから決断が早くて良いんだけど、物事って色々な角度から見てみる必要があるからさ。「角(カド)」だけ意識してね。それだけですね。もう大したもんですよ。

 

ありがとうございます。

肝に銘じます。これからも宜しくご指導ください。

髙橋社長、本日はお付き合い下さりありがとうございました。

 

こんなんで参考になりましたか(笑)

新潟市東区の消防設備点検会社

三和産業 株式会社

防災用品のメンテナンス・工事・販売
所在地:新潟市東区山木戸8-6-16
連絡先:025-271-8624
 
インタビュー年月日:平成26年11月19日(水)
インタビュー場所 :三和産業 株式会社様にて

その他のインタビュー記事もぜひお読みください

新潟市の消防設備点検会社|株式会社エフ・ピーアイへの問い合わせダイヤル
新潟市の消防設備点検会社|株式会社エフ・ピーアイへの問い合わせメールフォーム
新潟市の消防設備点検・防火対象物定期点検・点検結果報告書作成・避難訓練サポート・防災計画作成(株)エフ・ピーアイ